• トップページ
  • >
  • >
  • 全国26都道府県の警察本部で「迷惑電話チェッカー WX07A」の実証実験を実施および実証実験における各種成果について

プレスリリース

2014 年 12 月 24 日

ワイモバイル株式会社
株式会社ウィルコム沖縄
トビラシステムズ株式会社

全国26都道府県の警察本部で
「迷惑電話チェッカー WX07A」の実証実験を実施
および実証実験における各種成果について


ワイモバイル株式会社(以下ワイモバイル)および株式会社ウィルコム沖縄、トビラシステムズ株式会社は、振り込め詐欺などの迷惑電話被害の防止に役立てるために、「迷惑電話チェッカー WX07A」を利用した実証実験※を行っております。その実証実験において、各地の都道府県警察本部と独自に覚書を締結して迷惑電話番号の提供を受けておりますが、その都道府県数が26となりましたのでお知らせいたします。また、これまでの「迷惑電話チェッカー」実証実験の成果をご報告いたします。
 
都道府県警察本部からの迷惑電話番号の提供数が増えることにより、ワイモバイルの提供する「迷惑電話チェッカー」の精度、信頼性がより向上し、特殊詐欺など迷惑電話被害の防止への貢献がさらに期待されます。
(※実証実験は2014年12月時点で、全国の51市区町村にて実施しております。)

「特殊詐欺」の2014年1~10月の全国の被害総額が450億円を超えたことが、警察庁から2014年12月1日に発表された「特殊詐欺の認知・検挙状況等について」(暫定値)で明らかになりましたが、ワイモバイルでは全国の警察本部との連携をさらに強化することにより、特殊詐欺など迷惑電話被害防止へ努めます。


1.「迷惑電話チェッカー WX07A」について
「迷惑電話チェッカー」は自宅の固定電話回線に設置するだけで、振り込め詐欺やしつこい勧誘電話などの悪質な迷惑電話からの着信を自動で警告します。この迷惑電話番号情報は「迷惑電話チェッカー」ユーザー全体で共有するため、初めてかかってきた電話でも迷惑電話かどうかを判別してくれるので、一人暮らしやお年寄りのかたにもすぐに安心してお使いいただけます。

また、迷惑電話番号情報※は2013年11月14日より提供を開始したワイモバイルのケータイオプションサービス「モバイル迷惑電話チェッカー」でも利用可能となっております。
(※迷惑電話番号情報はトビラシステムズが管理し、2014年12月時点で2万6千件以上が登録されております)

<提供イメージ>
提供イメージ



2.迷惑電話番号提供中の全国の警察本部(2014年12月時点)
・北海道警察本部 ・岩手県警察本部 ・茨城県警察本部 ・群馬県警察本部
・埼玉県警察本部 ・千葉県警察本部 ・警視庁(東京都) ・神奈川県警察本部
・石川県警察本部 ・長野県警察本部 ・静岡県警察本部 ・愛知県警察本部
・三重県警察本部 ・大阪府警察本部 ・兵庫県警察本部 ・鳥取県警察本部
・島根県警察本部 ・岡山県警察本部 ・広島県警察本部 ・徳島県警察本部
・愛媛県警察本部 ・大分県警察本部 など全国で26警察本部
3.「迷惑電話チェッカー」の成果
2014年7月以降の実証実験で稼働している「迷惑電話チェッカー」約5,725世帯(2014年11月末時点)からのデータによる調査結果
■ 迷惑電話ブロック数(1台あたり1ヶ月間) [件]
迷惑電話ブロック数(1台あたり1ヶ月間) [件]
・「迷惑電話チェッカー」1台あたり1ヶ月間に4回以上、迷惑電話をブロック。つまり、各ご家庭に毎週1回以上、迷惑電話が着信していることに相当します。(2014年11月時点)
・実証実験実施世帯全体で、1ヶ月間に27,000件以上の迷惑電話をブロック。(2014年11月時点)

■ 警察提供番号ブロック数(実証実験中の全世帯1ヶ月) [件]
警察提供番号ブロック数(実証実験中の全世帯1ヶ月) [件]
・実証実験実施世帯全体で1ヶ月間に800回以上、警察本部から提供された犯罪に使用されている可能性のある不審な番号からの電話をブロック。つまり、約7軒のうち1軒の割合で、毎月1回以上犯罪に使用されている可能性のある番号からの着信があることに相当します。(2014年11月時点)

4. 参考情報 迷惑電話に関する一般のお客さまの思い込み
■ 迷惑電話なんてめったにかかってこないのでは?
  → いいえ、全着信の約5件に1件は、迷惑電話です。
迷惑電話 19% 迷惑ではない 81%
稼働装置のうち、無作為に抽出した 500 台が、全着信のうち 19%を迷惑電話として警告しました。(2014年11月1日~2014年11月30日 トビラシステムズ調べ)

「今まで迷惑電話がかかってきたことがない。だから、これからも心配ない」と思わずに、約5件に1件は迷惑電話だと考え、いつ迷惑電話がかかってきてもおかしくないという認識を持つことが必要です。
■ 迷惑電話は番号非通知でかけてくるのでは?番号非通知の電話をとらなければ十分では?
  → いいえ、迷惑電話の81%※は番号通知にてかけてきます。
ブラックリスト 81% ユーザー拒否 8% 番号非通知 11%
実証実験でブロックした迷惑電話のうち、81%は番号通知にて着信しました。(2014年11月の迷惑電話構成比)

「発信者番号通知サービスに加入しているし、身内の声はわかるので騙されることはない」と思っている方も、「携帯電話を紛失した」「番号が変わった」「会社から電話をかけている」などと偽物の番号を認識させられ、被害に遭う可能性があります。

■ 自宅に迷惑電話がかかってきた記憶がないが?
  → 迷惑電話は日中を狙います。ご自宅で日中過ごされているご家族が、迷惑電話を受ける可能性が高いです。
時間帯別着信件数分布
実証実験でブロックした迷惑電話は、1日のうち銀行や郵便局などの窓口が開いている日中に多く着信しました。(2014年7月1日~11月30日の時間帯別着信件数分布)

ご自身で迷惑電話を受けた経験がない方も、ご自宅で日中過ごされているご家族がいる場合は、注意が必要です。




※ 実証実験モニター世帯においては、迷惑電話情報として設定されている電話番号からの着信日時及び通話時間、番号非通知で着信した場合の着信日時及び通話時間、お申込者が迷惑電話として拒否登録した着信電話番号、着信日時及び通話時間のデータを、迷惑電話情報の精度向上のためにワイモバイル株式会社より個人が特定できない形でトビラシステムズ社に対して提供され、迷惑電話情報の生成の為にのみ利用することに同意頂いております。

【本件に関する報道機関からのお問い合わせ先】

トビラシステムズ株式会社
広報課
Tel : 050-5533-3727

※ プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
商品紹介
  • 迷惑電話防止・対策装置 トビラフォン
  • ホームページ制作システム HP4U