プレスリリース

2014 年 12 月 3 日

トビラシステムズ株式会社

スマートフォン向け詐欺電話・迷惑電話防止アプリ
「マカフィー セーフ コール」への技術提供について


 トビラシステムズ株式会社(愛知県名古屋市、代表取締役社長:明田篤、以下、トビラシステムズ)は、詐欺・迷惑電話対策サービスとして開発した「トビラフォン※1」の一部機能を、マカフィー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:ジャン・クロード・ブロイド、以下マカフィー)に提供する事で合意しました。
※1
悪質な迷惑電話(振り込め詐欺等)・営業電話(勧誘電話・セールス電話)からお客様の安全と大切な財産・時間を守るサービスです。
URL:http://tobilaphone.com/
1.協業の背景
トビラシステムズは、近年増加傾向にある悪質な迷惑電話 (振り込め詐欺等)・営業電話(勧誘電話・セールス電話)の被害からお客様の大切な財産・時間を守るため、自社独自の迷惑電話データベースを活用し、未知の迷惑電話でも着信を拒否きる「トビラフォン」端末を開発、提供してまいりました。
 マカフィーは企業、官 公庁・自治体、個人ユーザーが安全にインターネットの恩恵を享受できるよう、世界中のシステム、ネットワーク、モバイルデバイスを守るプロアクティブで定評あるセキュリティソリューションやサービスを提供しています。
 そういった背景の中、マカフィーが日本市場向けに独自開発した、Android搭載のスマートフォン用詐欺電話・迷惑電話防止※2アプリ「マカフィー セーフ コール(MaAfee Safe Call)」にトビラシステムズの技術が採用されました。

※2
トビラシステムズが迷惑電話と判別した番号のみでありブロックできない場合もございます。
2.サービスの概要および特徴
マカフィー セーフ コールは、トビラシステムズが提供する精度の高い独自の詐欺電話・迷惑電話のデータベースを活用し、外部からの不審な電話を自動的にシャットアウトしながら、家族や友人などからの電話はこれまで通り受信することを可能にする、Android搭載のスマートフォン用アプリケーションです。
マカフィー セーフ コールの詳細はマカフィー株式会社の下記URLをご参照ください。
プレスリリース:http://www.mcafee.com/jp/about/news/2014/q4/20141203-01.aspx
製品詳細:http://www.mcafee.com/japan/home/pd/safe_call
3.各社の役割
トビラシステムズ : 精度の高い独自の詐欺電話・迷惑電話のデータベースの提供
マカフィー : アンドロイドアプリケーションの製造販売

■マカフィーについて:McAfee, Inc.(本社:米国カリフォルニア州、プレジデント:マイケル・デシーザー)の日本法人。McAfee, Inc.はインテルコーポレーション(NASDAQ:INTC)の完全子会社であり、「インテルセキュリティ」のブランドのもと、同社のセキュリティに関する取り組みの中核を担っています。

【本件に関する報道機関からのお問い合わせ先】

トビラシステムズ株式会社
広報課
Tel : 050-5533-3727

※ ニュースリリースに記載している情報は発表日時点のものです。
商品紹介
  • 迷惑電話防止・対策装置 トビラフォン
  • ホームページ制作システム HP4U